\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

日産自動車 フェアレディ240ZG

Information

年式:1973年
色:ブラウン
内装:黒合皮
走行:53,300 km
検査:車検2年付
5速マニュアル、ワタナベアルミホイール(オリジナルホイールあり)、オリジナルGノーズ

・Price  Ask

Description

1973年式(昭和48年式)日産フェアレディ240Z-Gをご案内いたします。

昭和44年にデビューしたフェアレディZ S30型は、
初代モデルのSP/SR311型に比して、遥かに洗練されたボディデザインを持ち、
前輪ディスク/後輪ドラムのブレーキ、フルモノコックボデイーの採用など、
開発当初から “ 利益の出る、売れるスポーツカーを作る ” という企画目標から誕生した量産車なれど、
北米を主要な市場に据えて設計されたその基本構成は、
当時の世界的な基準から見ても、高い先進性と普遍性を持ち、快適性の面でも競合他車を大きく凌ぎ、
実際に北米で大きな成功をおさめ、「Z Car(ジィー・カー)」と呼ばれ、現在でも愛されています。

当初、日本国内でのグレードは大まかに3つ。
SOHC 2L 直列6気筒のL20型エンジンを搭載し4MTを備えた「Z」。
5MTを備え、ステレオ/リクリニングシートなどの装備を付加した「Z-L」。
スカイライン2000GT-Rに搭載されたプリンス系エンジンであるDOHCのS20型を搭載した競技志向の稀少モデル「Z432/Z432-R」。
そして、より一層のイジードライブかつ高速化を、神経質な要素無く実現する、4つめのグレードとして、
昭和46年、北米と英国向け輸出モデルに使われていた2.4LのL24型エンジンを搭載した「240Z/Z-G」が発売されました。

L24型エンジンは、SOHC 2393cc 直列6気筒、SUツインキャブレターを装備して150馬力。
馬力の最高値では、S20型の160馬力に譲るものの、
パワーバンドの広さ、トルクの厚み、機構的なシンプルさに起因するチューニングの幅広さなど、実際的な性能に優れ、
当時の日産ワークスのZは、S20型を搭載したZ432から、L24型搭載の240Zに一挙に移行し、そのレースでの性能や戦績も、Z432を上回っています。

市販仕様のL24型エンジンは、バランスのとれた気持ち良いフィーリングが身上で、
L型エンジンの多くのバリエーションの中でも、性能・機構共に、最もウェルバランスな素晴らしいユニットと言えます。
キャブレターがSOLEXなどの多連キャブではなく、SUツインキャブレターであることも慧眼な選択と言え、
それゆえ、整備性とその調整後の保持性に優れ、L型ならではのエンジン本体の耐久性も充分、
その高度な汎用性も含めて、日産エンジンの名作の誉れ高いL型シリーズの中でも、名機と言えるエンジンです。

240Zには、最上級グレードとして、
オーバーフェンダーを装備し、フロントにグラスファイバーのノーズコーン・Gノーズを装着した、
240Z-G というグレードがラインナップされていました。
当車両はまさに、その240Z-Gの1台。
純正のGノーズは、現在とても稀少なパーツとなっており、
レプリカのGノーズを装着したZ-G仕様は巷にままあれど、
オリジナル純正のGノーズが装着された “ 本物の240Z-G ” は大変稀少なモデルと言えます。
昭和48年、折からのオイルショックのあおりを受けて、240Z/Z-GとZ432は、発売から僅か2年余りで生産打ち切りとなっています。

当車両は、前オーナーが25年間の長きに渡り大切に所有されていたクルマです。
その間、こまめにメンテナンスされており、始動性も良好、スムーズかつパワフルな走りは健在です。
現状、ホイールは、S30型Zと言えばコレというほど大定番のモディファイであった、
ワタナベのアルミホイール、さらには、その色調・形状とも、車両の雰囲気に良く合ったものが装着されておりますが、
オリジナルのホイールもございます。

そして、240Z-Gの大きな魅力、それは何と言っても、そのスタイルにも他なりません。
ロングノーズ・ショートデッキの典型例とも言える、古典的かつバランスのとれたサイドビュー。
オーバーフェンダーとGノーズの組合わせは、S30型Zを、迫力と流麗さを合わせ持ったフォルムに仕立て上げています。

国産旧車の類では、比較的パーツも入手し易く維持管理は容易な部類と言えます。
是非一度、御覧になって頂きたい、フェアレディ240Z-Gです。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • k-yuyama@shonan-tradings.co.jp
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第452660004413号

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.