\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

フェラーリ DINO246GT

Information

年式:1969年
色:ジアロ
内装:ネロ
走行:不明
検査:平成30年10月
左ハンドル、5速ミッション、EC仕様、初期型Lタイプ

・Price  Ask

Description

1969年にデビューしたDINO246GTは、それまでの2Lエンジンを持つDINO206GTの後継車として誕生しました。
フェラーリのエンブレムを持たず、別ブランドとしての確立をも想定していたもので、
DINOのエンブレムは、エンツォ・フェラーリの夭逝した長男、アルフレード・フェラーリ、愛称:アルフレディーノ (Alfredino) のサインからレタリングされています。
それまでのフェラーリの高性能モデルのように、大排気量・多気筒ではなく、小型軽量のV型6気筒エンジンを持ち、
そこにカーデザイン史に於けるマイルストーンの1つと言っても過言ではない美しいボデイーを纏い、
現在では、ヴィンテージ・フェラーリとして、最も人気のあるモデルの1つともなっています。

当モデルであるLタイプは、206GTを排気量を2.4Lに拡大した246GTの初期モデル。高速安定性とより良い居住性を持たせるためにホイールベースを60?延長。航続距離も延ばす為に燃料タンクも70Lに変更されています。
このLタイプは、206GTの構成を色濃く残しており、ホイールのセンターロックや内装、など206GTとほぼ同様の仕様となっています。
206GTの153台に次ぐ生産数の少なさで、1969~70年までの短い期間に357台しか製造されませんでした。
いきおい、DINOシリーズの中では、206GTに次ぐ高値を付けるモデルとなっています。

ポルシェ911に対抗するために排気量をアップしたエンジンは、V6 DOHC/2.4Lで195馬力。
軽量なボディとの組み合わせで、充分なパワーを感じる動力性能です。
フェラーリの中でも耐久性があるエンジンの1つと言われ、メンテナンスも容易な部類です。
低速からトップエンドまで気持ち良く吹け上がり、意外に迫力のある排気音を響かせます。

DINO246GTの最も魅力的なポイント、それは何と言っても、美しいスタイルでしょう。
セルジオ・ピニンファリーナの手によるデザインは、素晴らしい曲線美を描き、その美しさは、いつまでも色褪せることがありません。
それは、セルジオ・ピニンファリーナが自身の作品中「最も好きなデザイン」と言ったことも知られています。
また、フェラーリのエンブレムこそ持たないものの、フェラーリの市販量産車として、事実上初のミッドシップモデルです。

当車両は、平成23年に、ヨーロッパから輸入されたクルマで、ファーストオーナーによりほぼフルレストアを受けています。ボディ、内装は言うに及ばす、エンジン・ミッションもOHされています。元色はレッド/内装タンの組み合わせですが、レストアされた際にイエロー/内装ブラックに変更されています。

希少なDINO246GT/Lタイプ。ぜひ、一度足をお運びになり、現車確認をして頂きたい1台です。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第452660004413号

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.