\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

メルセデス・ベンツ 280SL

Information

年式:1969年
色:ブラック
内装:ブラックレザー
走行:不明
検査:国内新規登録 車検3年付
AT、パワステ、クーラー、レザーシート、トップ・黒

・Price  Ask

Description

1963年にデビューした、メルセデス・ベンツのオープンスポーツカーであるW113型 230SL (2300cc) は、1966年に250SL (2500cc) となり排気量をアップ。
さらに、年々厳しくなる排気ガス規制をクリアしながらパワーを確保するために、1968年には280SL(2800cc)を登場させました。
280SLは、W113型の総数48,912台中、最多数の23,885台製造され、当時も現在に於いても、シリーズ中最も人気のあるモデルです。

エンジンは、機械式インジェクションを装備したM130型 直列6気筒OHC 180馬力。
クランクは7ベアリング支持に変更され、耐久性、静粛性が向上しています。
4輪ディスクブレーキを備え、もちろん現代の路上でも充分活発に走行することが出来ます。

発表当初、モータージャーナリストの間からは非力さを指摘されていましたが、開発者のルドルフ・ウーレンハウトは、先代の300SLガルウイングに比較すれば非力なエンジンでも、優れた足回りによる良好なハンドリングにより、充分対抗できると主張。
実際にジャーナリストの眼前で、自らのドライブでジムカーナコースに於いて、プロレーサーが操縦するフェラーリ250と争い、これを打ち負かして観衆を驚かせました。
ウーレンハウトはレーシングドライバーと互角の運転技量を持つ稀にみるエンジニアでしたが、その分を割り引いても、このW113型SLシリーズが優れたハンドリングを持っていた事に議論の余地は無いでしょう。

またこのW113型SLシリーズの大きな魅力は、なんと言っても、そのスタイルです。
名匠として名を馳せたフランス人デザイナー、ポール・ブラックの手による、パコダ・ルーフと呼ばれる独特な形状のハードトップと優雅で繊細なデザインは、いつの時代になってもメルセデス好きに限らず、クルマ好きを魅了しています。
コンセプトは先代の190SLと同様、アメリカの女性を含む富裕層にメルセデスのスポーツ・カーをアピールしビジネス上の成功をおさめることにフォーカスしたものですが、50年近く経っても魅力を失わないそのデザインは大変秀逸なものです。

多くが北米に輸出されましたが、当車両も含めて、オートマチックにパワーステアリング、クーラーまで装備している車が多く、現在でも手軽に楽しめるクラシック・メルセデスとして世界中で人気を博しています。

当車両は、アメリカ国内にて長年に渡り大切にされてきたクルマを、一昨年に日本国内に輸入。
点検・整備が完了し、販売車両としてレジストいたしました。
オリジナルのカラーであるブラックは、280SLでは意外に少ない色です。
しかも通例、外装がブラックの場合は、タンまたはレッドの内装が組み合わされるのですが、当車両はシートなどの内装から幌に至るまで全てブラックで統一され、非常にレアな内外装の組み合わせとなっています。

ぜひ一度、現車をご覧になってください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • yuyama@vintage-shonan.co.jp
  • Instagram
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第452660004413号

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.