\n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n \n

ポルシェ 356 C ディーラー車

Information

年式:1964年
色:アイボリー
内装:黒レザーレット
走行:不明
検査:平成30年07月
4速マニュアル、ナルディウッドステアリング、三ツ和自動車正規輸入車

・Price  Ask

Description

1964年式 ポルシェ356Cクーペが入庫しましたので、ご案内いたします。

1948年に、ドイツ北部の町、グミュントで生産を開始されたポルシェ356シリーズは、
フォルクスワーゲンのコンポーネンツを応用して、小型・軽量で空力性能に優れた、効率の良いスポーツカーとして誕生しました。
その後、様々な改良を重ねつつ、その魅力の源泉となる主要な基本構造は変更することなく、
空冷4気筒エンジンをリアに積んだRRスポーツカーとして、連綿と製造され続けました。

当初は40馬力しかなかったエンジンも、64年の最終モデルになると、スタンダードでも倍近い75馬力にパワーアップされました。
また、4輪ディスクブレーキも装備されており、スポーツカーとしての性能も充実したものとなっています。
そして1965年、ついに356シリーズは、後継車種である911/912に道を譲り、惜しまれつつその生産を終了しました。

当車両は、その356の中でも、後期モデルにあたるCシリーズ。
昭和39年に正規輸入元であった三ツ和自動車により販売された1台です。
長らく東京都内のオーナーが所有されていました。
元色はシルバーでしたが、セカンドオーナーによりアイボリーに全塗装されています。
当時、三ツ和自動車により正規輸入された356Cクーペの台数は、僅か10台。
いかにポルシェが高嶺の花であったかが伺えます。

いざドライブしてみると、小気味良く軽快に回るエンジン、意外にクイックなステアリングフィール、そしてよく効くブレーキ。
スポーツカーとしての魅力満載なクルマです。
OHV 1.6リッター75馬力のエンジンは、現代の水準では非力ではあるかもしれませんが、これはこれで十二分に楽しめるユニット。
メンテナンス性に優れ、セカンドカーとしてクラッシックポルシェを楽しむなら、打って付けのクルマと言えます。

室内も適度に広く、使い勝手に優れ、燃費も決して悪くない。
スポーツカーとしてだけでなく、普段乗りできるほど乗り易いのは、
まさに、生みの親であるポルシェ博士が目指した “ 効率の良い実用的なスポーツカー ” に他なりません。

構造がシンプルであるがゆえに、パーツ点数も少なく、メンテナンス性に優れているので、
いつまでも乗り続けることが出来るのも魅力の一つ。
是非一度、現車をご覧になってください。

ヴィンテージカー
買い取り・下取り致します。

お気軽にご相談ください。
ヴィンテージ湘南 045-300-3750 まで

  • 横浜本社
    神奈川県横浜市瀬谷区南台1-3-2
    横浜サウスプラザ三ツ境
  • 045-300-3750    045-300-3751
  • 10:00am- 7:00pm
  • 藤沢店
    神奈川県藤沢市長後1983-1
  • k-yuyama@shonan-tradings.co.jp
  • Facebook
  • 神奈川県公安委員会許可  第452660004413号

Copyright © 2018  VINTAGE SHONAN All Rights Reserved.